サイトマップ
ハートライン神奈川(性被害者専門) サポートステーション(被害者全般)
ハートライン神奈川(性被害者専門) サポートステーション(被害者全般)

命の大切さを伝える活動

平成24 年10 月より令和2年度まで神奈川県警察の委託を受けて、県内の中学校、高等学校で行う「いのちの大切さを学ぶ教室」に講師を派遣してきました。
この教室は次世代を担う中学生・高校生に、犯罪に遭われた方々やそのご家族のおかれた状況や気持ちについて話し、命の大切さについて考えてもらいます。犯罪の被害者にも加害者にもならない、自分の命はもとより、他人の命も大切にするという心を育むことを目的としたものです。

活動期間中にお招きいただきました学校関係者の皆様に御礼申し上げます。またこの間に神奈川県が行う「命の授業」の審査員特別賞、優秀賞、大賞の授業実施者表彰を受けました。

活動を終了するに当たり、延べ実施学校数および学年別受講者数の集計データを示します。

いのちの大切さを学ぶ教室
  中学校 高等学校 合計
延べ校数 314 114 428
1年生 27,842 18,336 46,178
2年生 25,979 9,807 35,786
3年生 21,125 4,407 25,532
人数合計 74,946 32,550 107,496

被害者支援のための活動

このページの最初に戻る