認定特定非営利活動法人​神奈川被害者支援センター

一般社団法人
神奈川被害者支援センター

センターの紹介

当センターは公的認証を受けている団体です。
安心して相談していただけるよう、信頼性を高める努力をしております。

神奈川被害者支援センターが活動開始したのは平成13 年(2001年) 5月11日です。
週2 回の電話相談から始めましたが、次第にスタッフも充実し、NPO 法人格取得、「認定特定非営利活動法人」として認定され、神奈川県公安委員会から「犯罪被害者等早期援助団体」指定を受けるなど、活動を充実させてきています。

何度も同じことを聞かれることは被害者等にとっては大変な苦痛となります。
ワンストップで済ませられるように、また個々の被害者等にとって早期に有効な支援が行われるようにと、神奈川県、神奈川県警察、当センターが全国で唯一の 広域的地方公共団体・警察・被害者支援センターによる3者一体となって支援に当たる組織「かながわ犯罪被害者サポートステーション」ができました。

私たちは「被害者に寄り添う」ことを原点として活動しています。
皆様の悩みに向き合い、一緒に考える、その拠り所は設立当初からの熱い思いです。

現在は11 名の理事および事務局スタッフ10名、ボランティア相談員約50名の他、
臨床心理士など専門家の協力を得て、皆様の相談や悩みに対応しています。

活動報告

センターの歴史

情報公開

公的機関による認定及び指定

当センターは以下の認定と指定を受けております。

■認定特定非営利活動法人
認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)とは、運営組織および事業活動が適正であり、公益の増進に資するとの要件を満たしていると所轄庁(都道府県・政令市)から認定を受けたNPO法人のことです。
当センターは、平成19年6月にこの認定を受けました。

この認定を受けた団体にご寄付や賛助(個人・団体)をしていただくと、個人の場合は所得控除または税額控除の対象になります。
法人の場合は損金算入ができます。

▷賛助会員・ご寄付の案内はこちら

■犯罪被害者等早期援助団体の指定
当センターは、平成20 年3 月26 日に神奈川県公安委員会から「犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律」に基づき、犯罪被害等を早期に軽減するとともに、犯罪被害者等が再び平穏な生活を営むことができるように支援する事業を適正かつ確実に行うことができると認められる非営利法人として「犯罪被害者等早期援助団体」の指定を受けました。神奈川県内では唯一の団体です。
これにより当センターは、より信頼性のある民間の被害者支援団体として公的認証を得、警察から被害者等に関する情報を受けることで被害者等に対する早期支援が可能になるなど、支援内容も充実しました。
当然のことながら「犯罪被害者等早期援助団体」には厳しい守秘義務が定められており、相談したことが外部に漏れることはありません。
被害者の方々に安心して相談していただけるよう、さらに信頼性の高い組織となるよう努力してまいります。